病的口臭の対処方法・虫歯編

病的口臭の対処方法・虫歯編

口臭の原因が病気の場合、自力で口臭を治す事は不可能です。

 

また病気自体を放置させ、病気の症状は悪化してしまいます。
病気は、早期発見早期治療に勝るものはありません。

 

口臭の原因である病気の治療を早急に行いましょう。
口臭の病気の種類が、歯周病や虫歯が原因の場合であれば、
歯科医院で治療を行う必要があります。

 

では虫歯だった場合、口臭の解消法を紹介したいと思います。

 

なぜ虫歯になると口臭が発生するのかというと、
虫歯の症状が悪化すると、歯に穴が開いてしまいます。

 

歯に穴が開き、そこに食べカスが詰まってしまうと、
なかなか歯磨きだけで綺麗に取り除く事が困難になります。

 

その結果食べカスが、細菌を増殖し、口臭が発生するというわけです。

 

虫歯は自然治癒する事はありません。
歯科医院で、虫歯の治療を行う必要があります。
八王子にある矯正治療がメインの歯医者でも、まずは対象となる歯の虫歯の治療から入るものなのです。

 

虫歯や歯周病以外にも、
親知らずが原因で口臭が発生する場合があります。
それは、親知らずの生える位置に関係しています。

 

一番奥の歯磨きがしにくい箇所に生えるため、
どうしても親知らずの周辺は磨き残しで細菌が溜まりやすいのです。

 

そのため親知らずが横や斜めといった、
特に磨きにくい箇所に生えてしまった場合は、
口臭予防や虫歯予防のために、親知らずを抜歯する事をお勧めします。

 

病的口臭が原因で、治療目的で歯科医院へ行っても、
治療出来ない病気があります。

 

それは副鼻腔炎や、肝臓病や腎臓病といった
内臓系の病気が原因で口臭が発生するケースです。

 

もし口臭が発生し、歯科医院へ虫歯や歯周病、
親知らずの治療を求めて行ったけれど、
治療の必要がなかった場合、内臓系の病気の可能性が高くなります。
今すぐ病院で病気の治療を行いましょう。