口臭が悪化しやすい人の特徴

口臭が悪化しやすい人の特徴

口臭に悩む人の中には、毎日ケアしているのに臭いが変わらないという人もいると思います。
お口の臭いは生活習慣から来ることが多く、その積み重ねによってお口から発せられる息が臭くなっている可能性があるのです。
今回は、どんな人がなりやすいかという点や生活での注意点について詳しく見ていきましょう。

 

コーヒーは嗜好品として高い人気を誇る飲み物ですが、口臭という観点からいうと注意が必要です。
なぜかというと、コーヒーは口内を酸性に変える性質を持っており、悪臭を生み出す細菌が繁殖しやすい環境になってしまうからです。
これを予防するには、コーヒーの後にうがいをすることでコーヒーの成分のお口の中に残さないように配慮してください。
コーヒーが持つ利尿作用によって身体の水分が奪われると、口内の唾液の分泌量が減少します。
コーヒーを飲み過ぎるとこうしたデメリットを感じることが多くなるのでご注意ください。
唾液の分泌に関しては、煙草もまた口臭を悪化させる原因となり得ます。
煙草そのものの臭いもさることながら、口内の血行不良や唾液分泌の抑制といった様々な事柄が複合して、煙草を吸っている人の口臭はキツイという認識を抱かれることが多いのです。

 

口臭が気になるなら さとり歯科医院へ

 

煙草を吸っている人は、そうでない人よりも口臭ケアに力を入れましょう。
お口の中が乾燥する原因としては、湿度の低い部屋に長時間いるというものがあります。
エアコンが効いた部屋で過ごす際には、いつも以上に水分補給に気を使うことが口臭ケアにもなるのです。
小さな習慣がいつの間にか皆さんの口臭を形成しています。
上記のような習慣をお持ちの方は口臭予防対策を始めていきましょう。