生活習慣が口臭の原因になっている

生活習慣が口臭の原因になっている

口臭の原因は多岐にわたりますが、しっかり歯磨きと口臭ケアをしているのに、口臭が全然改善されないという人もいるかもしれません。
この場合、あなたの生活習慣に問題があるかもしれません。
ではどのような生活習慣が口臭の原因になってしまうのか、一例を紹介します。
 

 

まず口臭の原因は細菌の増殖です。
そのため免疫力が高ければ、細菌の増殖を抑える事が可能です。
しかし頼みの綱である免疫力が低下しているために、細菌の増殖が抑えられていない可能性があります。

 

免疫力の低下は、睡眠不足やストレスが原因です。
そのため口臭の改善のためには、十分は睡眠を確保し、適度な運動を行う事が重要です。

 

あと寝ている間で無意識の行動かもしれませんが、もしかすると歯ぎしりが口臭の原因になっている可能性があります。
実は歯ぎしりの原因は、ストレスと大きく関係しています。
そして歯ぎしりとすると、歯に負荷がかかっているので、歯並びや噛み合わせが悪くなります。

 

そうすると歯磨きをしていても食べかすなどが溜まりやすく、歯垢がつきやすくなってしまいます。
また歯ぎしりをする事で、歯の表面にヒビが入る事があります。
歯の表面にヒビが入ると、そのヒビから細菌が入り込んでしまい、虫歯になりやすくなってしまいます。

 

他にも歯ぎしりは、歯周組織に刺激を与え、歯周病の原因にもなってしまいます。
口臭、虫歯、歯周病と歯ぎしりをする事で、歯の健康を損なうリスクが高まってしまいます。
そのため歯ぎしりしている事を人から指摘されたら、歯ぎしりの改善に務めましょう。

 

改善方法としては、歯ぎしりの原因であるストレスを解消させる努力をする事。
そして応急措置ですが、マウスピースをつけて寝ると歯ぎしりの症状は緩和されます。
あと、ストレスがひどい時には、自分一人で悩まずに、病院へ行き精神安定剤や睡眠剤を処方してもらう事も可能です。

関連ページ

口臭を予防する生活習慣
口臭を予防する生活習慣
水分補給と水うがいで口臭予防
水分補給と水うがいで口臭予防
歯のクリーニングが口臭予防になる理由
歯のクリーニングが口臭予防になる理由
唾液と口臭の関係
唾液と口臭の関係
歯槽膿漏の口臭が1番強烈な臭い
歯槽膿漏の口臭が1番強烈な臭い
口臭をケアするグッズとは
口臭をケアするグッズとは