口臭を予防する生活習慣

口臭を予防する生活習慣

お口は呼吸や食事といった私たちの生活に結び付いた行動を共にする器官です。
お口の臭いが気になるという方は、普段の生活習慣に気を配ってみましょう。
口臭を予防するための習慣は身近なところに潜んでいます。

 

ストレスは交感神経を優位にすることで、私たちの身体を緊張状態に陥らせます。
身体が緊張していると、免疫力が低下するだけでなく、唾液の分泌も減少してしまうのです。
免疫力の低下は虫歯などの疾患が発生しやすくなりますし、唾液はお口の衛生状態を維持する番人です。
ストレスがかかった生活を続けていると、この2つの咆哮から口臭を悪化させる可能性があります。

 

そのため、質の良い睡眠を確保する、ストレス発散が可能な趣味の時間を確保するというのも、口臭予防の一つとして考えられます。
食習慣が口臭を予防する一助となることもあります。

 

ここでも唾液がキーワードです。
食事をする機会が多い人ほど咀嚼回数が増え、唾液の分泌量もそれに比例します。
食後の歯磨きさえ怠らなければ、食事の回数が多い人ほど唾液によって口臭を予防しやすいのです。
朝食を食べないという人もいるかもしれませんが、朝食には咀嚼によって唾液の分泌を促し、口腔ケアに努める役割も担っていることを覚えておきましょう。
唾液を分泌させるには、なるべく硬くて何度も咀嚼しなくてはいけないものを食べると良いでしょう。
炭水化物であれば、麺類よりもご飯の方が噛む回数は増えますし、食パンを食べるにしてもトーストにして触感を硬くすることで、たくさん噛むことに繋がるのです。
ストレスと食習慣に注意して、お口の臭いをケアしていきましょう。

 

 

関連ページ

水分補給と水うがいで口臭予防
水分補給と水うがいで口臭予防
歯のクリーニングが口臭予防になる理由
歯のクリーニングが口臭予防になる理由
唾液と口臭の関係
唾液と口臭の関係
生活習慣が口臭の原因になっている
生活習慣が口臭の原因になっている
歯槽膿漏の口臭が1番強烈な臭い
歯槽膿漏の口臭が1番強烈な臭い
口臭をケアするグッズとは
口臭をケアするグッズとは