歯肉炎の原因と予防と治療について

歯肉炎の原因と予防と治療について

歯肉炎とは、歯肉が炎症を起こしてしまう事です。
歯肉炎になってしまう原因は、歯垢です。
歯垢の細菌が持つ毒素が、歯肉に入ると炎症が起こってしまいます。

 

また歯肉炎になってしまうと、歯肉が腫れて、歯と歯肉の間に隙間が出来ます。
その隙間に歯垢の細菌が入り込み、ますます歯肉炎の症状が悪化する悪循環に陥ってしまいます。

 

歯肉炎になってしまうと、歯茎が変色したり、口臭の原因になってしまったりしてしまいます。
そして歯肉炎は、歯周病の初期段階でもあるので、そのまま放置しては絶対にいけません。

 

歯肉炎を放置してしまうと、歯周病が進行し、歯がぐらぐらしたり、歯を失ったりするリスクがあります。
なので、歯周病の初期段階である歯肉炎の段階で、歯科医院へ行き治療を受けるようにして下さい。
 

 

では歯肉炎にならないように、日常生活の中で出来る予防法について紹介します。
歯肉炎の原因は歯垢なので、プラークコントロールを徹底する必要があります。

 

1番大事な事は、丁寧な歯磨きをする事です。
歯と歯の間は磨きにくく、歯垢が付着しがちです。
そのため、デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、歯間ケアもしっかりと行いましょう。

 

そして歯磨きをしても落とせない汚れに対しては、薬用マウスウォッシュで殺菌を行って下さい。
もし予防をしていても、歯肉炎になってしまった場合は、歯科医院で治療を行いましょう。
歯肉炎の段階では、あまり痛みもなく自覚症状も少ないので、早期発見のために、定期的に検査を受ける事をお勧めします。

 

では歯肉炎の治療方法は、歯石を除去し、付着しづらい状態にしてもらうスケーリング・ルートプレーニングを行う事です。
初期の歯肉炎であれば、歯石を除去すれば、炎症は改善され、歯周病も予防する事が出来ます。

関連ページ

お口トラブルが全身へ
お口トラブルが全身へ
お口の悩みを解決するなら
お口の悩みを解決するなら
舌磨きと口臭
舌磨きと口臭
口臭外来とは
口臭外来とは
あなたは口臭は大丈夫ですか?
あなたは口臭は大丈夫ですか?
口臭が悪化しやすい人の特徴
口臭が悪化しやすい人の特徴